Blog / ブログ

ブログ更新 わたしの世の中

こんにちはマツイです。

1ヶ月ぐらい前、マツコ・デラックスが語った男女平等についての発言が正論すぎる!
というニュースを見ました。

発言の内容は、
日本の男女平等は、男の世界に合わせられる女の人じゃないと平等じゃない
女の人が男になろうって無理をせずに、男と同じ権利が与えられる世の中にならないと、ほんとの平等じゃない
というもの。

たくさんの人がその通り!とか、はやくそういう世の中になってほしい!とか
だから今の政治家はダメなんだ!とかいろいろ発信してました。

マツコ・デラックスの発言自体は正論だと思います。
が、気になったのは回りの反応の方。

日本人の一体どれくらいの人が
【世の中=日本全体 が変わらない限り自分が変われない環境】にいるんだろう?


男女平等だと話が大きすぎるので、
例えば、妊娠を機に降格させられたり出産後に職場復帰できないなどのマタハラ問題。

マタハラにあったと言う人達の実体験がいろいろ公開されているけど、
私が読んだものだと【割と長く務めていてキャリアもそこそこある人】が
こんなひどい目にあった!会社の理解がなさすぎる!
女性に優しい社会じゃないのが悪い!世の中が変わらなければ何も変わらない!
っていうものが多い気がしました。


私の感想。
出産後も戻ってこれる環境、自分で作れなかったの?
作れたでしょ。長く務めてキャリアあるならなおさらーーー


どんな職種でも会社にとって仕事ができる人(いてくれなきゃ困る人材)を手放すのは大きな損失。
産後必ず戻ってきてくれるなら、0から人を育てるよりずっとコストもかからない。
会社の上司だって同僚だって部下だって、知らない人より気心知れた人の方がよっぽど仕事がしやすいし効率も良い。

だから、出産しても仕事をしたい人は、自分が戻って来た方が会社が得する環境を自分で作っておけば良いんじゃないかと。

フルタイムで働けないなら、限られた時間でどこまでの仕事ができるか考えて成果を出せばいい。
そういう働き方を応援してくれる上司や同僚やお客様との関係を築いておけばいい。
出産後も働く計画をたてて自分の道を選んだらいい。


私ならそうするなーと思うのです。
今の日本の多くの人は、自分のまわりの環境ぐらい自分で変えられると思うのです。
やりたいことやるんだったら、他の人を巻き込むんだったら、それくらいしなきゃと思うのです。



世の中が変わらなければ何も変わらないっていう意見の【世の中】って
日本全体の一般常識とか意識とかとてつもなく大きくて漠然としたもののようだけど、
日本の大部分の人にとって、自分で実感できる【世の中】って
せいぜい自分のまわりの環境(家族・職場・友人)ぐらいの大きさなんじゃないかなー

だって、私が発言した事が日本全体に影響を与える事なんてないから。
そうじゃない人もいるけど、それは一握り。


マツコ・デラックスの発言に「世の中が変わらなきゃ・・」と言ってた人も
マタハラで「女性に優しい社会が・・」と言ってた人も、
まるで日本全体の意識や風潮のせい!みたいに訴えるけど、
必死になったら自分の事ぐらいだったら変えられると思うなー


そうして必死な人が増えると、日本全体が変わってるんじゃないだろか。




何が言いたいかというと、

日本全体が変わらなくたって、私はやりたいことやってやるけどねーーーーー!

というお話でした笑




マツイ

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

無料ブログ作成サービス JUGEM